妊娠したら葉酸を摂取しよう!

妊娠した女性

葉酸とは体に必要な栄養素で、葉酸が不足すると赤ちゃんの成長に大きく関わり、赤ちゃんへのリスクが高くなります。

厚生労働省が推奨している1日の摂取量は、「1日400μg(マイクログラム)」で、上限摂取量は「1,000μg」までとしています。

葉酸とは、私たちの体で細胞がつくられるとき、タンパク質を合成する際にとても重要な栄養素で、水溶性ビタミンB群の1種といわれています。

葉酸は、人間の体がつくられるときに必要なDNAやRNAと呼ばれる拡散に、働きかける重要な役割があります。

妊婦さんだけでなく男性、女性を問わず、体の成長に大切な栄養素なのです。

葉酸は、いつからいつまで摂取するのかといえば、普段から摂取を心がけたいところですが、得に妊娠「4~6週頃」の妊娠初期に摂取するのが、胎児の健康へのリスクを減少させることができるのでおすすめです。

2018年3月26日 妊娠したら葉酸を摂取しよう! はコメントを受け付けていません 妊娠初期